テレビショッピングで買った横向き枕で肩こり解消!

私は高い横向き枕を使うのが好きで、厚みのある枕を使い続けていました。しかし上向きに寝ても、右向きに寝ても、左向きに寝ても、睡眠の質を良くすることが出来ず、朝起きると肩こりになっていたのです。そこで私は思い切って、横向き枕を変える事にしました。とはいえどんな横向き枕にしたらいいのか、しばらく思案していたのです。

そしたらある日テレビで、良く眠れるという横向き枕をテレビショッピングで紹介していました。どんな人にもこの枕がフィットして、最良の眠りを提供してくれるとの事でした。使用者の感想を見ても、皆この枕を使うようになってから良い眠りが出来るようになったと言っていたので、この横向き枕に興味を持ったのです。宣伝文句を鵜呑みにしてもいいのかなと少し思いましたが、他に良い枕を見つける手段もなかったので、この枕を買い求めてみたのです。

そして早速、この枕を使って寝てみました。これまでの枕では寝ぞうが悪かったのですが、この横向き枕を使ってから寝ぞうが良くなったのです。朝起きた時の肩こりも無くなってくれ、枕を変えるだけでこれだけの違いがあるのかと驚きました。この枕を使うようになってから睡眠の質が良くなってくれ、毎日が快適に過ごせるようになりました。

そば枕という選択肢、横向き寝にも効果あり

私は枕が変わると寝つきが悪くなるようで今まで苦労してきました。なので、相性のよい枕を選ぶという事には質の良い睡眠を得る為にもこだわっています。人には人の個人的な枕の相性という物があるでしょうし、一概には言えませんが私個人と致しましては、高反発や低反発ウレタンの横向き枕よりも、昔ながらのそば枕が合っていました。

ウレタンの横向き枕ですとどうにも柔らかさが頭部にしっくり来ないらしく、寝ている最中に枕を無意識にずらしていっているようで、起きた時に枕が驚くほど遠い所に飛んで行ってる…という事が度々ありました。

色々と試してみましたが、なかなか良い物が無く困っていましたが、親戚の家に泊まる事になった時に、家の人が用意していてくれたそば枕がしっくりと頭に合っており、驚くほどに熟睡出来ました。なので、思わず「この横向き枕下さい!」と言ってしまい親戚の人にはびっくりされました。だけどもお陰で今ではスッキリ快眠生活となりました。

毎日肩こりも無く、目覚めも良く、さわやかな朝を満喫出来て幸せです。

高反発ウレタンの横向き枕で肩こりがよくなった

私は以前は長い間、低反発ウレタンの横向き枕で寝ていました。でも何だか私の体形にしっくりこなくて、朝起きたときに肩こりや首の違和感を感じることもありました。私は特に寝相が悪い方でもありません。ただ口呼吸をするクセがあるし、かなり猫背なので枕の高さが合わなかったのかもしれません。他の家族も同じタイプの横向き枕を使っていますが、皆その枕で快適に眠れるといっています。でも私は頭が深く沈み込む感じが少し苦手でした。

そこで最近、前の枕よりも少し固めの高反発ウレタンの横向き枕を購入して使ってみました。以前の枕に比べると、頭が余り沈まずに適度に反発してくれるのが心地よく感じました。また頭の形状によくフィットして、左右からカッチリと固定する感じが心地よいです。家族には少し硬い感じがするとか、高さが合わないなどといわれます。でも私にとっては、これぞ長年求めてきた理想の横向き枕だと思えるのです。おかげでこの枕にしてから睡眠の質もスゴクよくなって、ぐっすり熟睡できるようになりました。

オーダーメイド高いけど、頭痛も減った

もともと肩こり持ちで長年悩んできたので寝具の専門店でオーダーメイドの横向き枕を購入しました。細かく首周りや肩までの長さなどの計測をして作られたので私にぴったりの枕のはずだったのですが、最初の1、2週間は、その新しい横向き枕で寝るとなぜか肩こりがひどくなってしまうという結果になってしまいました。

かなり高額な枕でしたので、そのままにしておくには納得できなかったので、すぐにお店に出向いて行って、横向き枕が自分の体に合ってい無い旨を伝えました。しかし計測したデータをコンピューターに入れてオーダーメイドされた枕なので、合わない訳はないので、しばらくは寝ていたらやがて慣れてきてしっくりくるはずだということで、そのまま我慢して使い続けていたら、確かにだんだん慣れてきて快適に眠れるようになってきてほっとしました。

枕の高さもちょうど良いので首のコリも起こりにくく、肩こりだけでなく肩こりが原因になっていると思われた偏頭痛もすっかり落ち着いてきて、あまり悩まされることも無くなりました。このことから今まで使っていた横向き枕が、いかに自分の体に合っておらず、それによって首や背骨の歪みを生じてしまう原因となり体の不調を引きおこしていたかということがとてもよく分かりました。枕選びの大切さを身を持って実感したということで、これからもオーダーメイドの枕を愛用し続けて健康維持に努めたいと思っています。