腰痛持ちならこの寝方、この寝具がおすすめ

睡眠の質が良いことは美容にも健康にもとても大切なこととなりますが、寝ることで体に不調を感じる人も少なくありません。
特に腰痛のある人は起きたときに腰が痛いという悩みを抱えることが多くなっています。

睡眠は毎日行うものですが、意外と腰への負担は多くありますので、改善のためには寝方を変えてみる、寝具を変えてみるなどの工夫を行っておきましょう。

間違った姿勢で毎日寝ることや、合わない寝具で長時間過ごすことはさらに腰痛を悪化させてしまうことにもつながります。

正しい姿勢、良い寝具を選ぶことは改善や悪化の予防になりますので見直してみることがおすすめです。

まず、寝る姿勢もチェックしておきたいですが、一般的に多い仰向け寝の場合は腰と背中に負担をかけてしまうので腰痛が悪化しやすくなります。

そしてうつぶせ寝の場合も腰が反り返り、負担がかかりやすいので、こうした姿勢で寝ている人も注意が必要です。

さらに横向き寝も多くの人が選んでいる姿勢ですが、こちらは仰向けやうつぶせに比べて腰に負担がかかりにくいので、腰痛がひどいときはこうした姿勢を選ぶのも良いでしょう。
横向きの場合は枕が低めだと頭をまっすぐに支えることは難しいので、やや高めにしておくことがおすすめです。

そして、毎日使っている敷布団やマットレスによってもかなり腰への負担は変わってきますので、こちらも見直していきたいところです。

まず、マットレスは柔らかすぎると体が沈みこみ、寝返りが打ちにくくなり、腰痛が悪化してしまうおそれがあります。
それゆえに、マットレスを選ぶときは低反発のものより高反発マットレスを選んでおくことがおすすめです。

さらにこうしたマットレスは体圧分散にも優れていますので、腰にかかりがちな圧力をより均等に分散することができ、痛みを柔らげることができます。

マットレスは一生に何度も買い換えるものではありませんので、長期に快適な睡眠が得られるよう、できるだけ良質な商品を選んでおきましょう。