カテゴリー別アーカイブ: 未分類

妊婦の寝方は横向きが楽と言われていますが?

妊娠中はお腹も大きくなり、ホルモンのバランスが乱れたりすることにより、眠りが浅くなり何度も目を覚ましたり、なかなか寝付けないという人がたくさんいます。睡眠をしっかりとることはお腹の赤ちゃんの成長のためにも、母体のためにも、とても重要になります。少しでも母体やお腹に負担のかからない正しい寝方をしたいものです。妊婦の正しい寝方にはいくつかの種類があります。

基本的に妊娠中の寝方は横向きの姿勢で寝るのが良いといわれています。横向きといっても右向きなのか左向きなのかによっても違ってきます。人間の体の中には動脈と静脈が左右に並んでいます。左側に大動脈が通り、右側には大静脈が通っています。静脈は弾力性が動脈よりも少ないため圧迫されやすい状態にあります。妊婦さんが右側を向いた寝方をすると、大静脈が大きなおなかに圧迫されるので血行が悪くなります。血行が悪くなることにより、気分が悪くなったり苦しくなったり、おなかの赤ちゃんにもいい影響であるとはいえません。

また、同じく右側を下にして寝ることにより、静脈のそばを通るリンパも圧迫されます。そのため、むくみやすくなる可能性もあります。妊娠中は通常よりもむくみやすい状態にあるので、左側を下にして寝るとよいでしょう。

妊娠中に良いとされる寝方には、体の左側が下になるように、おなかを圧迫しない程度のうつぶせのような姿勢になり、左足を伸ばし、右足の膝を曲げる体勢が良いといわれています。この体勢は血液の循環が良くなり、リラックスして眠ることができます。おなかが大きくなってくる妊娠7ヶ月頃から始めるのがよいでしょう。

またこの体勢に加え、抱き枕やクッションを使うことにより、よりリラックスして快適な睡眠をとることができます。妊娠中には抱き枕として使用し、出産後は授乳時にクッションとして使えるものもあります。また、妊娠中にむくみが気になる時にはこのクッションを使い足元を高くして寝ると、むくみが解消されます。

寝る前にお風呂に入ることもよいでしょう。妊娠中は38度くらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、体をリラックスさせることができます。温度を熱くすると逆に寝付きにくくなってしまいます。
妊娠中は大きなおなかを抱え、寝返りするのも大変で、眠るだけで一苦労です。自分なりにリラックスできる方法をみつけ、母体のためにも赤ちゃんのためにも、十分に睡眠をとれるように意識しましょう。

腰痛持ちならこの寝方、この寝具がおすすめ

睡眠の質が良いことは美容にも健康にもとても大切なこととなりますが、寝ることで体に不調を感じる人も少なくありません。
特に腰痛のある人は起きたときに腰が痛いという悩みを抱えることが多くなっています。

睡眠は毎日行うものですが、意外と腰への負担は多くありますので、改善のためには寝方を変えてみる、寝具を変えてみるなどの工夫を行っておきましょう。

間違った姿勢で毎日寝ることや、合わない寝具で長時間過ごすことはさらに腰痛を悪化させてしまうことにもつながります。

正しい姿勢、良い寝具を選ぶことは改善や悪化の予防になりますので見直してみることがおすすめです。

まず、寝る姿勢もチェックしておきたいですが、一般的に多い仰向け寝の場合は腰と背中に負担をかけてしまうので腰痛が悪化しやすくなります。

そしてうつぶせ寝の場合も腰が反り返り、負担がかかりやすいので、こうした姿勢で寝ている人も注意が必要です。

さらに横向き寝も多くの人が選んでいる姿勢ですが、こちらは仰向けやうつぶせに比べて腰に負担がかかりにくいので、腰痛がひどいときはこうした姿勢を選ぶのも良いでしょう。
横向きの場合は枕が低めだと頭をまっすぐに支えることは難しいので、やや高めにしておくことがおすすめです。

そして、毎日使っている敷布団やマットレスによってもかなり腰への負担は変わってきますので、こちらも見直していきたいところです。

まず、マットレスは柔らかすぎると体が沈みこみ、寝返りが打ちにくくなり、腰痛が悪化してしまうおそれがあります。
それゆえに、マットレスを選ぶときは低反発のものより高反発マットレスを選んでおくことがおすすめです。

さらにこうしたマットレスは体圧分散にも優れていますので、腰にかかりがちな圧力をより均等に分散することができ、痛みを柔らげることができます。

マットレスは一生に何度も買い換えるものではありませんので、長期に快適な睡眠が得られるよう、できるだけ良質な商品を選んでおきましょう。

これで解消!頭痛の人専用の枕の選び方とは

自分の使っている枕が合わないという方は、実際に多くいます。合わないものを使い続けていますと、首こりの症状があらわれたり、頭痛がしてくるという場合もあるわけです。

いずれの場合にしても、首の筋肉や血管に負担がかかっているために、そのような症状があらわれる原因となっていることが多いですので、一刻も早く使用している枕を見直したほうが良いでしょう。

首こりがひどいという方は、枕が高すぎる可能性が考えられます。人間の頭は、ある程度重さのあるものですので、その頭を支えるためには高くしたほうがいいのではないかと考えがちですが、実際は、高くすることによって、首に負担がかかるということがわかっています。

頭が持ち上がりすぎるために、首の筋に必要以上に力がかかるわけです。このような状態を避けるためには、具体的な商品として、低反発のタイプのものをおすすめします。低反発の枕の場合は、頭が適切な位置にくるよう調節するように、ゆっくりと沈みこむという素材を使用していますので、頭が高すぎるといった問題を解決することができるわけです。

したがって、首に対しての負担もなくなりますので、首こりの症状が改善されるということも期待できるわけです。おすすめの商品として、低反発素材のほかにも、そばがらの素材のものもあります。

そばがらの素材を使用するメリットは、そばがらの量によって、高さ調節が可能だという点です。そのほかにも、クッション素材の綿などと違って、形が片寄るといったこともありませんので、快適な寝姿勢を保てるわけです。

3つ目のおすすめ商品は、ビーズを使ったものです。そばがらとおなじように、かたちが片寄ることがないという点でおすすめなのですが、プラスチックでできているために、ほこりが発生するといったことも避けられるため、ハウスダストなどが原因のぜんそく持ちの方にも安心して使用することができます。

このように、枕の種類というものは、数多く販売されていますが、どのタイプの商品でも、自分に合っているということがいちばん大事ですので、いろいろと試してみることが大切になってきます。頭痛や肩こりといった、身体のわずらわしい症状を改善するためには、首や頭に負担をかけない商品を使用することがポイントとなります。どのタイプのものを選べばいいのかわからないという方は、とりあえず、すべて試して使ってみることも選択肢のひとつと言えるでしょう。

肩こり持ちの人のための枕選びを紹介します

肩こりの場合は、枕の高さが自分の頭の形に合っていないと言う事があります。

人間は重たい頭を首で支えているので、首や肩などは緊張した状態が続きます。

また姿勢が悪くなると無理な姿勢を取る事になり、結果的に筋肉にも負担を掛けてしまい肩こりが起きてしまう事も少なくありません。

勿論通常は寝たりすればある程度は改善する場合もありますが、人によっては朝起きてすぐに既に肩がこっている、詰まっていると言う感じになってしまう場合があります。

その場合は枕を変えてみるのも一つの方法です。

選び方としては、実際に利用して見るのが最も良い方法と言え、仰向けになった時に首が自然な感じになる物を選びます。

オススメの物の一つは頸椎サポート枕です。
実際に寝てみると分かりますが、首を自然な感じで支えてくれるので、無理な姿勢になる事がありません。

二つ目はオーダーメイド枕です。
人はそれぞれ体格等も違うので、万人向けとなっている物を使ってもなかなか良い寝心地が期待出来ない場合も少なくありません。
まずは自分の骨格を良く見る事です。
また頭の形等も重要なポイントになって来るので、上手に頭部を支える事が出来る様にする為にも自分の体に合った物をオーダーメイドする事はとてもメリットがあると言えます。

三つ目はそば殻枕です。
昔から売られているタイプの物ですが、実際には通気性も良く、さらに頭の動きに合わせてそば殻が動いて形が変わって行くので、比較的寝やすい物となります。
ただそば殻自体はずっと使えるものではなく、大体2、3年程度で使う事が出来なくなります。
また細かくなって行くと次第に布地の間から粉が出てきてしまう事もあるので、充分その点には気を付ける必要があります。

この様に、市販されている物でも肩こり対策として利用できる物は有ります。
ただその人によって合うタイプと言うのは別れてくるので、実際に利用する場合は出来るだけ色々と試してみて使い心地を体感してからの方が無難です。+